映画「私の知らないわたしの素顔」公式サイト » CAST

ジュリエット・ビノシュ
クレール・ミヨー
Juliette BINOCHE

1964年3月9日パリ生まれ。1983年パスカル・カネの「Liberty Bell」で映画初出演。初主演のアンドレ・テシネ監督『ランデヴー』(85)でロミー・シュナイダー賞を受賞しセザール賞主演女優賞候補となる。レオス・カラックス監督『汚れた血』(86)で再び同賞にノミネートされたことで国際的にも注目され、フィリップ・カウフマン監督『存在の耐えられない軽さ』(88)のヒロインに抜擢された。続くカラックスの『ポンヌフの恋人』(91)でヨーロッパ映画賞を受賞。以後、ルイ・マル監督『ダメージ』(92)などの英語作品にも出演。クシシュトフ・キェシロフスキ監督『トリコロール/青の愛』(93)でヴェネチア国際映画祭最優秀女優賞、アンソニー・ミンゲラ監督『イングリッシュ・ペイシェント』(96)で、アカデミー賞助演女優賞、ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。そして2010年、アッバス・キアロスタミ監督『トスカーナの贋作』でカンヌ国際映画祭女優賞と、世界三大映画祭で女優賞を制覇した。

名匠たちのコラボレーションも多く、主な出演作として、ラッセ・ハルストレム監督『ショコラ』(00)、セドリック・クラピッシュ監督『Paris』(08)、オリヴィエ・アサイヤス監督『夏時間の庭』(08)『アクトレス~女たちの舞台~』(14)、河瀨直美監督『Vision ビジョン』(18)、クレール・ドゥニ監督『ハイ・ライフ』(18)など。そして、是枝裕和監督『真実』(19)、オリヴィエ・アサイヤス監督『冬時間のパリ』(18)、『私の知らないわたしの素顔』と、主演作の日本劇場公開が続く。


ニコール・ガルシア
カトリーヌ・ボーマン医師
Nicole GARCIA

1946年4月22日アルジェリア生まれの女優、映画監督。パリのフランス国立高等演劇学校で演技を学び、アラン・レネ監督『アメリカの伯父さん』(80)、クロード・ルルーシュ監督『愛と哀しみのボレロ』(81)、クロード・ソーテ監督『ギャルソン!』、ジャック・リヴェット監督『Mの物語』(03)、リー=カスティーユ・マンシヨン=シャール監督『パリの家族たち』(18)など多くの映画、舞台で女優として活躍。映画監督としては、カトリーヌ・ドヌーヴを主演に迎えた『ヴァンドーム広場』(98)、『海の上のバルコニー』(10/TV)、マリオン・コティヤール主演『愛を綴る女』(16)などを手掛けている。


フランソワ・シビル
アレックス
François CIVIL

1989年1月29日パリ生まれ。テレビドラマを中心に活躍していたが、近年、映画界で注目度が急上昇中の俳優。主な出演作は、マウゴシュカ・シュモフスカ監督『ジュリエット・ビノシュ in ラヴァーズ・ダイアリー』(11/TV)、レニー・アブラハムソン監督『FRANK -フランク-』(14)、アグニェシュカ・ホランド監督がパリを舞台に撮ったTVミニシリーズ『ローズマリーの赤ちゃん』(14/TV)、セドリック・クラピッシュ監督『おかえり、ブルゴーニュへ』(17)、アントナン・ボードリー監督『ウルフズ・コール』(19/TV)等。本作の他、ユーゴ・ジェラン監督「Mon inconnue」(19)、セドリック・クラピッシュ監督「Deux moi」(19)でも主演を務めている。


マリー=アンジュ・カスタ
カティア
Marie-Ange CASTA

1990年 7月 5 日 ノアジー=ル=グラン生まれの女優、モデル、スタイリスト。フランスで高い人気を誇る女優レティシア・カスタの妹。モデルとして活動を始めると、すぐにMANGO、Maty、Reebok、オーガニックコスメVichyなどの顔になり、2010年から女優としての活動をスタート。2011年、トリスタン・オリエ監督『Mineurs 27』で映画デビューし、続くジャリル・レスペール監督、ブノワ・マジメル主演『向かい風』(11/配信)に出演。他に、エドゥアール・ベール監督『パリは今夜も開演中』(16/F)、レナート・デ・マリア監督のイタリア映画「Lo spietato」(19)等。私生活では娘が一人いる。


ギヨーム・グイ
リュド
Guillaume GOUIX

1983年11月30日エクサンプロヴァンス生まれ。マルセイユのコンセルヴァトワールで学び、その後カンヌの演劇学校でさらに2004年まで演技を学ぶ。代表作は、『ベルヴィル・ランデブー』『イリュージョニスト』のシルヴァン・ショメ監督初実写長編作品『ぼくを探しに』(13)。心優しい孤独な青年を演じ鮮烈な印象を残した。その他の主な映画出演作に、ウディ・アレン監督『ミッドナイト・イン・パリ』(11)、ジュリアン・ルクレルク監督『ザ・クルー』(15)、エリ・ワジェマン監督『アナーキスト 愛と革命の時代』(15)などがある。脚本・監督として短編映画も手掛けている。


シャルル・ベルリング
ジル
Charles BERLING

1958年4月30日パリ郊外サン=マンデ出まれ。ブリュッセルの演劇学校IMSASで学び、舞台で活躍。映画界でも注目され、カンヌ国際映画祭カメラ・ドール受賞のパスカル・フェラン監督作「Petits arrangements avec les morts」(94)でセザール賞若手有望男優賞にノミネート。その後、パトリス・ルコント監督『リディキュール』(96)、アンヌ・フォンテーヌ監督『ドライ・クリーニング』(97)、セドリック・カーン監督『倦怠』(98)、オリヴィエ・アサイヤス監督『感傷的な運命』(F/00)と続けてセザール賞主演男優賞にノミネートされる。他に、パトリス・シェロー監督『愛する者よ、列車に乗れ』(98)、オリヴィエ・アサイヤス監督『DEMONLOVER デーモンラヴァー』(02)『夏時間の庭』(08)、ミシェル・ドヴィル監督『恋は足手まとい』(05)、ポール・ヴァーホーヴェン監督『エル ELLE』(16)、ミシェル・ブジュナー監督『はじまりのボーイミーツガール』(16)、アンヌ・フォンテーヌ監督「Blanche comme neige」(19)等出演作多数。


『』…日本劇場公開 『』(F)…映画祭・特別上映
『』(TV)…テレビ放映 『』(動画配信)…動画配信サービス
『』(DVD)…DVD発売 「」…日本未公開 〈 〉…舞台